定期購入の罠にご注意を!

今回は増大サプリや精力サプリを販売する企業の中でも確実に存在する悪徳企業の実態について紹介していこうと思います。

増大サプリでは知らないうちに定期購入をしていたというトラブルの報告が多く、その罠に引っ掛からないための方法も紹介していこうと思います。

トラブルの実態

このようなトラブルは「お試し」という宣伝文句で契約し、それが継続的な契約にいつの間にかなっていたというのがトラブルの主な内容です。また、通常価格よりも安い価格での販売だったため購入したら定期購入の契約になっていたというパターンも多いです。

これはなぜ、起きるのかというと契約時に決まった日までに契約を解除しなければ定期購入の契約になるという項目を消費者が見逃している場合があります。

しかし、その契約の説明義務は企業側にあるので、小さすぎる文字や認識しづらいと多くの人が判断する契約時の画面などでは、この契約は破棄できます。

このようなトラブルに関して消費者センターに対しての問い合わせは2015年に爆発的に急増しています。特に健康食品関連が増加しており、約4倍近くの相談件数になっています。

このような契約でよくあるパターンを詳しく見ていくと初回限定無料というパターンが非常に多いです。
または初回限定◯円という「初回限定」という言葉が非常に多く見られます。

これは企業からすれば言葉通りに解釈すると「初回だけ無料(次の契約を約束してね)」ということになります。

このような企業は悪徳企業なのですが、裁判になると責任を問うのが事実難しくなるのは確かです。

このように責任逃れをするような場合が多くあります。

そして二回目のものが届き、消費者は定期購入の契約であったということを知ります。

しかし企業側は初回限定と明記していた上に一定の期間までに解除手続きをしなければ、継続が自動で決定し定期購入になるということを明記していたという言い分を言います。

さらに悪い事に小さな字で最低4カ月は継続しなくてはならないなどの条件まで付いているのです。

そのため、この後の展開で多いのは、4回目までの費用を払って、解約というパターンです。
これでも解約できない場合は正直、法廷で争った方が早いです。

この時には法テラスを使うことをお勧めいたします。

増大サプリで被害に遭わないために方法と被害にあった時にすべきこと

被害に遭わないための方法としてはまずしっかりと契約内容を確認するということが大切です。初回限定という言葉には裏があるということを認識しておきましょう。

そしてお得な話には問題が隠れている可能性が高いという考えを持ちましょう。その考えがこのような犯罪の餌食にならないためには必要です。

そしてもし、被害に遭ってしまった場合には相手企業の契約時の問題点を整理してみましょう。

契約時に自分がしっかりと相手の言う契約を認識していたのか?例えば継続が一定期間までに契約を解除しなければ行われると認識していたのか?

また、解除をしやすい環境と状況であったのかをしっかりと調べる必要があります。

→ 定期購入にされる心配のないのは=ヴィオゼックス

増大サプリの定期購入解除ができない!?

解除がしにくい、または解除ができないという場合も悪徳企業には多くあります。

「解約は電話でのみ受付」といいながら一切電話がつながらないなどの例もあります。

そしてまずは消費者センターに連絡しましょう。基本的に一般人が悪徳企業に相手に戦うことは無謀ですので、プロの手を借りた方が早いです。
おそらく妥協点を見つけてくれます。裁判で争うというのは滅多にないです。

それは弁護士費用が高額ということもありますが、このような悪徳企業に対して明確な責任の追及が非常に難しいからです。

どこまでを企業の責任にするのかを判断するのは非常に難しいです。

そのため、多くの場合は契約破棄になる場合が多いです。
ちなみにこの場合にはお金は返ってきません。

→ 定期購入にされる心配のないのは=vitox-α

まとめ

このような犯罪に巻き込まれないためにはまず契約内容をしっかりと把握する必要があります。契約時にしっかりと内容を把握していれば矛盾や違和感に気付くことができます。

もし、このような被害にあった場合には消費者側の責任も問われます。

裁判になれば被害にあったのに責任を追及され精神的に疲労しますし、裁判で勝ってもプラスマイナスでマイナスになることが多いです。

そのため裁判があまり行われないので、悪徳企業が減らないという実態があります。

このように増大サプリなどを買う際にはとにかくまずは定期購入を避けることが安全です。
安いからといって安易に定期購入を申し込んでしまうと思わぬトラブルが待っているかもしれません。

→ 定期購入にされる心配のないのは=極GOLD

 


関連記事


おすすめ記事

△ページ上に戻る